シェアハウスにかかる初期費用と家賃

シェアハウスの存在感が大きくなっている

一つ屋根の下で複数の人が共有しながら暮らす、シェアハウスの存在が日に日に高まっています。東京とか大阪と言った大都市圏に限らず、多くの街にも増加中となっています。当初は、日本を訪れる外国人が住まいとして利用されていたのですが、最近では日本人も多く暮らすようになり、外国人専用と言うイメージではなくなりました。この住まいの形式は、海外ではごく一般的なものとして存在しており、旅行者にも安く泊まることが出来、手軽な滞在方法として人気になっています。日本では、その存在として家賃が安いと言うこともあり、日本人も率先して住むようになって来ています。またこの住まいは、賃貸アパートを入居者が個別にシェアする、ルームシェアとは違うもので、シェア用の施設を作ることで入居者を集める形態にもなっています。寝る部屋は個別となっていますが、それ以外のスペースは全て共用となっています。部屋には、鍵がつけられ、布団を敷くスペースや机を置くスペースがあり、最低必要限度の広さは、保っています。今の時代ですから、エアコンなども普通に備わり、共有スペースには、キッチン・リビング・シャワールームなどがあり、テレビ・電子レンジ・冷蔵庫と言った家庭に必要な家電も用意されているのが、一般的です。

入居費用の安さとコミュニケーションが持てる

賃貸料などを考える時、原則として敷金とか礼金と言ったものは存在しません。また保証人も必要なく、その変わりとして保証金と言われるデポジットを事前に支払うことが初期費用に充てられます。この初期費用であるデポジットは、家賃の1ヶ月分と言う所が多く、退室時には返金されることが一般的です。シェアハウスを好む人の特徴の一つに、入居者同士の交流があります。複数の人たちとコミュニケーションを図ることで、たくさんの情報を得ることが出来ます。特に外国人との交流が盛んに出来ることから、言葉の壁を破ることにもなり、勉強の場と考える人も出て来ています。

一般の賃貸アパートとの比較する

今、東京のような都心に住むとなると、家賃の高さに驚く人も多くなっています。都心では、1DKのマンションに住むと考えた時、家賃は10万円を軽く超える所も出て来ています。そして初期費用だけでなく、入居にかかる費用を考えると、数十万円を用意するまでになってしまうことも考えられます。それに比べると、シェアハウスでは少ない費用での入居が可能と言う大きなメリットも出て来ています。但し、生活ルールをしっかり守ることが、共同生活においては非常に大事なことと知っておくべきです。

ピックアップ記事一覧