シェアハウスを探す理由には便利な場所と安い初期費用がある

求める人が増えています

今、一つの賃貸住宅を複数の人たちが暮らす場所を共有する「シェアハウス」が、都会に住む若者達を中心として、人気になっています。また、住まいをこの共同住宅に求める人が多くなっていることから、既存のアパートのような賃貸物件を誰もが共同で住めるような住宅に建て替えるオーナーも増えて来ています。今後は、都会の中で交通の便の良い場所にある賃貸物件の、立替も進むことが予想されます。現在は、東京や大阪などで増加中と言ったこともあり、日本を仕事や旅行で訪れる外国人が利用するだけでなく、少子高齢化に伴う一人暮らしの人にも大きな影響を与えています。シェアハウスは需要で更に増すものと考えられます。

どんな住まいか知ることが大事です

このシェアハウスとは、アパートのような賃貸住宅において、入居者が個別に行うルームシェアとは違い、シェア用の施設をあらかじめから用意して、入居者を募るものとなっています。リビングとかキッチン、バス・トイレ等においては、入居者同士が共用することになり、ベッドルームとして各個人が専用の部屋を持つことになります。個室は鍵がかかるようになっており、ベッドや机など必要最低限度のものは置けるようになっています。共用のスペースには、テレビや冷蔵庫、電子レンジ等も置かれていますが、ご飯を炊く炊飯器は自分で用意することをお薦めします。ハウスにも炊飯器は用意されているのですが、食事の時間が同じになることから利用する人が多く、順番待ちになることが多くなるからです。ですが仲間が出来ることで、夕食などを持ち回りで作ることも可能となり、ひとり寂しく食事をすると言う機会も減ることがあります。

入居費用が安いことが大きなメリットです

シェアハウスが人気の理由には、交通の便が良い場所にあると言われますが、初期費用が安く付くことも大事な要件になっています。入居時に初期費用としてかかるのが、保証金と言われる1ヶ月分の料金です。一般のアパートに入居での初期費用は、家賃の6ヶ月分も必要な所も出て来ます。その分割安で入居出来ると言う大きなメリットもあり、更に保証金は退所する時には返金もされるようになっています。また複数の人が一緒に暮らすことになり、友人とか恋人が出来たと言う例も多く聞かれます。また、外国人と知り合い、英語の勉強になった人も多く、知らない人と上手にコミユニケーションを取ることが出来、知識も増やすことが可能な住まいにもなっているようです。し、隣人の音が気になるとか、多くの人と交じり合うことが苦手と言う人には、向いていない住まいです。

ピックアップ記事一覧