シェアハウスを利用する人が増えています

ここ数年の間、急速に増えて来ているのが、シェアハウスに住むと言う人たちです。この住まいは、自分に与えられた個室以外のキッチンやリビング、シャワー室などを同居するする人たちと共用する生活スタイルです。共有出来るスペースがあることで、共同生活の中から更なる交流を楽しむことが出来ると言う新しい感覚を持つ住まいとなっています。当初は外国人が中心とした住まいだったものですが、今では日本人も多く利用するようになりました。大きな特徴としては、通常の賃貸アパートなどと比較して、入居のために必要な初期費用が大幅に安くなっていることです。入居するための初期費用は、保証金として家賃の1ヶ月分必要です。この初期費用にかかる保証金は、退出時に返還されます。更に前家賃として1ヶ月分、それに若干の公益費がかかることになりますが、入居費用を比較するとほぼ家賃の2倍の費用が必要になります。ですが、一般のアパート入居となると、敷金として家賃の2ヵ月分、前家賃が1ヶ月分、仲介手数料が1ヶ月分、公益費が若干となり、少なくとも家賃の4か月分を用意する必要があります。そのため一般のアパート等に入居する費用を比較すると、相当な費用が必要となり、若い人には大きな足かせにもなり、シェアハウスに住むことを考える人も多いと考えられます。

住まいの特徴を良く知っておきましょう

意外なことが、一杯あるのもシェアハウスの特徴です。東京のような大都市圏にある家賃が7万円とかの家賃が安いアパートなら、キッチンなどは非常に小さくなっており、料理も満足に出来ないと言う所も多くなっています。一口コンロしか使うスペースもなく、料理を作るには適していないと言われます。また部屋全体が狭く、簡単に臭いが付くことから油ものなど臭いの強い料理は、適さなくなっています。しかしこの住まいの多くは、キッチンが広くなっていることが多く、部屋とは離れており、更には調理器具も揃えられています。圧力鍋なども用意されているなど、幅広い料理を楽しむことも可能になっています。臭いを気にすることなく料理が出来ると言った隠れたメリットも存在しています。

生活必需品があれば問題なく生活出来ます

このハウスに住むために必要なものは、非常に少なく済むと言うこともあります。布団など大きな荷物を用意したくない人は、借りることも出来るようになっています。そのため、リースと言った方法も取ることが出来るとなると、衣類、洗面道具、パソコンなど最低の生活必需品があれば、良いことになります。欠点としては、食事の時間が集中することもあり、炊飯器が常時使用されることが多くなります。そのため、自分専用の炊飯器を用意しておくと、便利と言う意見が多くなっています。

新築・セキュリティ完備をしている東京のシェアハウスです。 mitiaの初期費用は敷金礼金手数料がすべて不要です。 リーズナブルな価格設定で気軽に住み替えたい方にもおすすめです。 見学可能な物件も多数ございます。 都内近郊を中心に続々物件を建築中です。 プライベートも重視したシェアハウスです。 備え付けで備品や家具がついてくるのでトランクひとつですぐにお引越し可能です。 シェアハウスのお得な初期費用の情報はmita

ピックアップ記事一覧