敷金礼金の部分が必ず確認しましょう

首都圏と地方では、シェアハウスにかかる費用は異なりますが、初期費用をしっかりと考えた上で行動しないと、直前になり自分が利用できない場合もあります。基本的には、自分でアパートを借りたりするよりも安く済みますが、首都圏の場合は少し高いと感じる人も出てきます。必ず確認をしておかなくてはならないのは、敷金礼金がかかるのかになります。場所によっては敷金と礼金がかからない場合もありますが、ほとんどの場所がかかると考えておくと良いでしょう。敷金と礼金は最初に準備するお金に大きな影響を与えます。どちらも1ヵ月分の家賃程度のケースが多いですが、月に支払わなくてはならない家賃が、50000円以上の場合は、合計で100000円以上の敷金礼金を支払わなくてはならない傾向があります。敷金礼金がない場所を見つけられれば、この金額は浮きます。あまりお金に余裕を持てていない人は、敷金礼金がかからない場所を見つけるようにしましょう。

首都圏で契約をする際のお金を確認する

首都圏の場合はどれくらいの初期費用の相場になるのか確認をしておきましょう。どこにあるシェアハウスを契約するのかにもよりますが、首都圏の場合は300000円程度最初にお金がかかってしまう傾向があります。自分でアパートなどを探してしまうとこれ以上に金額がかかってしまうので、非常にリーズナブルだと覚えておきましょう。少し駅から離れている場所にある物件を借りられれば、より安く契約ができますが、300000円程度用意できていれば駅の近くで生活する事も可能です。相場と聞くと少し難しく考えてしまいますが、しっかりと調べれば、自分が生活をしようと考えている地域の価格がわかってきます。

地方の場合はより慎重に調べなければならない

地方の場合はより安く契約できると覚えておきましょう。首都圏ほど家賃が高くないので、その分最初に支払わなくてはならないお金も安くなります。地方の場合は、余計に相場が変動しやすいので、しっかりと調べる必要があります。また場所によっては、シェアハウスがあまり多くなく、求めている人の方が多い場合もあり非常に高額な初期費用がかかってしまう場合もあります。首都圏の場合は比べられる環境にありますが、地方の場合はまだまだ比べにくい環境にあるので、自分でしっかりと情報を確認した上で行動する必要があります。常に生活をしている友人などがいる場合は、最初にいくら程度お金を支払ったのか質問をして、解決をすると良いでしょう。

ピックアップ記事一覧